TOP
ホーム トップメッセージ 私達の考えるD&I D&Iについての取り組み わたしたちのD&I 図でみるコネクティッドソリューションズ社のD&I 推進体制 カンパニーTOPページへ

Diversity & Inclusion

すべての人々が心理的安全性を感じ、
能力を最大限に発揮できる社会を目指して

トップメッセージ

パナソニック コネクティッド
ソリューションズ社
社長
 樋口 泰行

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)は、まず第一に、「少数であること」その他の理由等で、権利が守られていない状況に対して、何をおいても妥協できない「人権」の問題として取り組んでいくべきものです。そして、さらには、企業競争力の源泉であると考えています。現在のような変革が常に求められる事業環境において、多様な発想がなければ、企業として生き残っていくことは困難です。イノベーションを起こし、変化に対するレジリエンス(難局から立ち直り、しなやかに適応できる力)を持ち続ける企業となるためにも、私たちはD&Iを経営戦略の柱のひとつと位置づけ、多様な視点・経験・価値観を持つ一人ひとりを活かすことのできる柔軟性の高いカルチャーを目指します。

A Better Life, A Better World
実現のために

私たちコネクティッドソリューションズ社は、
国籍・年齢・性別などを問わずすべての人にとってフェアな環境づくりに取り組むことで、
互いに認め合い、イノベーションを創出するカルチャー変革にドライブをかけていきます。
D&I推進の目的は「人権の尊重」と「企業価値の向上」です。
これらの実現に向け、私たちは、世の中の変化を敏感に感じ取り、
コネクティッドソリューションズ社で働く一人ひとりの声を聞き、取り組みを進めてまいります。

ダイバーシティの定義

私達の考えるD&I

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社 常務
ダイバーシティ&インクルージョン推進担当
山口 有希子

マジョリティの考え方や生き方に無理やり合わせなければならない時代は終わります。これまでマイノリティと言われてきた人たちの存在にも目を向け、理解をし、尊重すること、それはまさに「人権」の問題です。 私たちは、多様な価値観を尊重する会社でありたいと思います。マジョリティの立場からは同質の環境の方が絶対的に楽で、快適なのは当たり前です。ただ、そこにイノベーションは起こりません。衰退の道を歩むことになります。私たちは、あえて、パワーが必要な方向を選び、ダイバーシティ&インクルージョンを実践しながら、進化していくことを選択します。それは、一人ひとりが活き活きと働き最大のパフォーマンスを発揮できること、そして、会社がしなやかに強くなることに繋がると信じています。

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社
ダイバーシティ&インクルージョン推進担当
西川 岳志

「健全な経営は健全なカルチャーが前提」というのが私たちコネクティッドソリューションズ社の基本的な考え方です。そしてこの「健全なカルチャー」とは、 すべての社員が平等に活躍し能力を発揮できる“環境 があってこそ育まれるものだと考えています。”ダイバーシティ&インクルージョンの活動は、まさにこの環境を作っていく活動であり、経営活動そのものである、とも言えます。

すべての社員がこの会社で働くことに喜びを感じ、最大限の能力を発揮する、そしてそれによりお客様やパートナー様も含めたすべてのステークホルダーの皆様・社会に貢献していく、そんな会社を目指してまいります。

パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社
ダイバーシティ&インクルージョン推進担当
西川 岳志

D&Iについての取り組み

コネクティッドソリューションズ社では、いかなる差別も許さず、異なるカルチャーを認め合い、心理的安全が確保された中でそれぞれのポテンシャルを発揮できる会社として、経験(仕事)、国籍、年齢、宗教(信条)、学歴、思考、民族、人種、場所、言語、性差、障がい者、LGBTQに対し、誰もが平等に活躍できる環境を目指し、多種多様な活動を実施しています。

わたしたちのD&I

目標があるから幸せに働ける
深田 幸寛

10歳のときに後天的な呼吸器機能障害を負った深田幸寛さんは、2004年の入社以来、プロフェッショナル向けビデオカメラの製造に携わってきました。現在は、生産現場を取りまとめる班長として生産管理のほか、後進の指導や人員配置の役割も担っています。

詳細を見る

多様性を可能性に変える
東 浩司

重度の下肢障がいを持ち車椅子で生活する東浩司さんは、パナソニック交野株式会社の創業一期生で、勤続39年の大ベテラン。マイクロカセットやカーデッキなどの製造担当者を経て、現在は2021年4月からスタートした文書電子化サービスと、パナソニック製の3層不織布マスクの受注業務に、実務推進リーダーとして携わっています。

詳細を見る

育休は人生を豊かにする
山崎 雄也

大学院を卒業後、新卒で入社して17年目を迎えた山崎雄也さんは、長きにわたりビジネスコミュニケーション事業の分野に身を置き、主にIP電話のソフトウェア開発、システムエンジニア、商品企画を担当してきました。テクノロジーの最前線で働く山崎さんは、職場で第一号となる男性育休を取得。かけがえのない時間を家族と共有したことで、大きな変化を感じています。

詳細を見る

誰かのハッピーは自分のハッピー
国本 チャド

タイ バンコク出身の国本チャドさんは、タイで大学を出て働き始めたころ、日本で学ぶアジアの留学生を支援するパナソニックスカラシップに内定。自分自身に明確なミッションとゴールを掲げて突き進むチャドさんの行動力とパッションには、周りの人を自然と引き寄せる強さがあります。

詳細を見る

図でみるコネクティッドソリューションズ社のD&I

私たちが取り組んでいる活動についてご紹介します。

拠点数

社員数

売上高

障がい者雇用率

パナソニック(株)コネクティッドソリューションズ社、パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)、パナソニックシステムソリューションズジャパン(株)、パナソニック吉備(株)、パナソニック交野(株)の合算

育休取得率

※女性は育児休業取得率
男性は「育児のための休み」を10日以上取得した者 10日未満取得者は90%

男性の育休取得率

記載のないものはすべて2020年度

推進体制

パナソニックコネクティッドソリューションズ社は、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の全社体制での推進を目的に、社長直轄に担当役員を配置し、推進室と各部門から成る各部門D&I推進リーダー(CHAMP)体制にて会社全体でD&Iを推進しています。具体的には、ジェンダーギャップの解消や、障がい者雇用の促進、LGBTQに対する理解や支援諸施策の実施などをはじめとした、様々な活動を展開しています。コネクティッドソリューションズ社は、社内の多様な人材がそれぞれの個性や特性を活かし、能力を最大限に発揮できることを重要な経営施策の一つとして位置付け、D&I活動を推進します。